アレルギー検査トップ > アレルギー検査の費用と種類 > 隠れアレルギー検査

隠れアレルギー検査

遅延型アレルギー・隠れアレルギーとは

今話題になっているのが、隠れアレルギーと呼ばれる、文字通り、周囲の人はもちろん本人すらも気が付かないアレルギーです。

花粉症やえびやかに対する食物アレルギーなど、つらくてたまらない症状や死をも招きかねないアナフィラキシーなどの強い反応が出れば、誰もがアレルギーと気が付きますが、そうではないアレルギーも存在するというのです。

隠れアレルギーの症状は一般的に軽く、即時型アレルギーは、アレルゲンが体内に入るとすぐに症状が出やすいのに対して、遅延型アレルギーの症状は、数時間後~二日もしくは三日後に症状が出るケースもあります。

三日後に症状が出るアレルギーなんて、食事や生活習慣に気を付けている人でもわからないことがほとんどです。

食物アレルギーっ子の食事管理におすすめしている食事日記をつけていても、どの食べ物でアレルギーが起こっているのか、判断するのは難しいかと思います。

本当にそんなアレルギーあるの?って思う人少なくないでしょうし、今流行の遅延型アレルギー検査の費用はびっくりするぐらい高く、3万円ぐらいが相場のようです。

なので、あまりの高さに私自身も受けていないので、詳細をお伝えすることはできないのですが、隠れアレルギーは確実に存在し、倦怠感・頭痛・吐き気・便秘・下痢・肌荒れ・老化・イライラなどなど・・・挙げたらキリがないくらいの症状で苦しめているのも事実だと思います。

私自身は、隠れ牛乳・小麦アレルギーでした。

何故わかったかというと、他の記事でもありますが、子供が重度の食物アレルギーだったので、母乳を与えている私も牛乳・卵・小麦・大豆・米・・・その他もろもろを除去しなくてはならず、その食生活を続けていたら、今まで苦しめられていた倦怠感や肌荒れ・便秘の症状がなくなったからです。

いくらアレルギーだからといって、これだけの食物を食べずにいることは不便なので、乳製品を完全に除去する以外は、量を減らして食べていますが、量を減らしただけでも、以前に比べると、とても調子がいいです。

高い検査を受けなくても、自分であやしいなと思う食品を除去してみて、お腹のハリがなくなったとか、便秘が治ったとか、イライラが減ったとか、ほんの些細な自分の変化に注目してみてください。

慣れないうちは、牛乳・卵などを除去するのは大変なので、自分の出来る範囲でいいと思います。

除去を開始するとわかりますが、ほとんどの製品に乳製品・卵が入っています。

一般的に、隠れアレルギーの原因となりやすいのは、小麦・コーン・大豆・乳製品・卵などです。

みんながよく食べている食物ばかりというのが、隠れアレルギーのやっかいなところです。

遅延型アレルギー検査

隠れアレルギー検査だけでなく、アレルギーの血液検査の結果は100%ではなく、あくまで指標・参考程度に留めておいたほうがいい場合もあるといわれていますが、自分のアレルギー体質を数字として見てみたいという人にはおすすめの検査です。

小児科や内科で行われる一般のアレルギー検査で調べるのは、IgE抗体とIgG抗体なので、IgA抗体までは調べてくれません。

全国的に有名な東京にあるアレルギー専門の小児科の先生は、早くからIgA抗体の重要性を知っていて、受診したのは6年前なのですが、うちの子のIgAも調べてくれました。

もちろん、重度の食物アレルギーがあるので、保険適用で価格も安かったです。

ネットで流行っている隠れアレルギー検査は、手軽に受けられてとても便利ですが、原因のわからない不定愁訴で悩んでいて、自分も隠れアレルギーかもという疑いがあるなら、専門の病院で診察してみてください。

隠れアレルギーに関しては、まだ周知されておらず、IgAの検査を依頼しても、そのお医者さんが専門でない場合は断られることも少なくないので、事前に検査に対応出来るのか調べた上での受診をおすすめします。

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

「アレルギー検査の費用と種類」記事一覧

保険は適用されるの?
症状が出ているか出ていないかで保険が適用されるかされないかが決まります。・・・
アレルギー検査の費用・料金
血液検査で保険が適用された場合、と3割負担で6000円~7000円が相場のようです。・・・
血液検査
血液検査はアレルギーの強弱やアレルゲンを特定する重要な検査となります。乳児の血液検査の場合・・・
皮膚検査
プリックテスト・スクラッチテスト、即時型のアレルギー検査。皮膚を少し傷付け、アレルゲンを含んだ液をたらします。・・・
隠れアレルギー検査
今話題になっているのが、隠れアレルギーと呼ばれる、文字通り、周囲の人はもちろん本人すらも気が付かない・・・
動物アレルギー検査
テレビなどでもかわいい子ウサギがとり上げられ、ペットとして人気急上昇中のうさぎですが、犬・猫同様・・・
小麦アレルギー検査
食物アレルギー反応はその食物に含まれるたんぱく質によって引き起こされ・・・