アレルギー検査トップ > アレルギー検査の費用と種類 > 血液検査

血液検査

血液検査はアレルギーの強弱やアレルゲンを特定する重要な検査となります。

乳児の血液検査の場合、「生後6ヶ月を過ぎないと検査をしても正しい結果が出ない」という先生もいて、希望してもしてもらえないケースもあるようです。

どうしても検査結果を知りたい場合は、生後6ヶ月以前でもアレルギー検査をしてくれる医療機関もあります。

IgE値(RIST法)

食物アレルギーの血液検査をすると、一番最初に書かれている項目がIgE値だと思います。

IgE値は、食物アレルギーの中でも即時型(はっきり型)アレルギーの検査として有効な値です。

年齢とともに上昇しますが、アレルギー体質だとIgEの値は高く、アレルギー体質かどうかを見分ける重要な値となっています。

下記の表はIgEの基準値です。

年齢基準値
6ヶ月未満5IU/ml以下
1歳未満10IU/ml以下
1~3歳未満20IU/ml以下
3~5歳未満40IU/ml以下
5歳以上100IU/ml以下
成人170~200IU/ml以下

特定のアレルゲンの種類がわかる検査(RAST法)

RAST法は、花粉やハウスダスト・食品など、それぞれのアレルゲンごとに、0~6の7段階のクラスに判別します。

下記の表はRAST法の判定基準です。

UA/mlクラス判定
0.34以下0陰性
0.35~0.691擬陽性
0.70~3.492陽性
3.50~17.493陽性
17.50~49.994陽性
50.00~99.995陽性
100以上6陽性

RAST値について

RAST検査は、アレルゲンを特定する上でとても有効な検査ですが、なかには「数値が高いのにアレルギー疾患が起きない」「数値が低いのに強いアレルギーの症状が出てしまう」といったことも起きているようです。

RAST検査で、すべてのアレルゲンが正確にわかるわけではないということを頭において数値をみたほうがいいと思います。

また、食物アレルギーのアレルゲンのほうが数値が出にくく、ダニやハウスダストのほうが数値が出やすいという傾向もあるようです。

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

「アレルギー検査の費用と種類」記事一覧

保険は適用されるの?
症状が出ているか出ていないかで保険が適用されるかされないかが決まります。・・・
アレルギー検査の費用・料金
血液検査で保険が適用された場合、と3割負担で6000円~7000円が相場のようです。・・・
血液検査
血液検査はアレルギーの強弱やアレルゲンを特定する重要な検査となります。乳児の血液検査の場合・・・
皮膚検査
プリックテスト・スクラッチテスト、即時型のアレルギー検査。皮膚を少し傷付け、アレルゲンを含んだ液をたらします。・・・
隠れアレルギー検査
今話題になっているのが、隠れアレルギーと呼ばれる、文字通り、周囲の人はもちろん本人すらも気が付かない・・・
動物アレルギー検査
テレビなどでもかわいい子ウサギがとり上げられ、ペットとして人気急上昇中のうさぎですが、犬・猫同様・・・
小麦アレルギー検査
食物アレルギー反応はその食物に含まれるたんぱく質によって引き起こされ・・・