アレルギー検査トップ > アレルギー検査の費用と種類 > 隠れアレルギー検査

動物のアレルギー検査

うさぎのアレルギー検査

テレビなどでもかわいい子ウサギがとり上げられ、ペットとして人気急上昇中のうさぎですが、犬・猫同様、アレルギーを引き起こしやすい動物でもあります。

うさぎ アレルギー

うさぎの毛だけでなく、うさぎのえさとなるティモシーもイネ科の植物なので、イネ科に対するアレルギーの方も注意が必要となります。

うさぎアレルギーが疑われる場合、アレルギー検査の「家兎」という項目があります。

その他、猫や犬それぞれの項目もありますが、特定の動物ではなく、動物全般のアレルギーを調べたい場合は、マルチアレルゲン検査というものがあり、動物上皮のマルチを選ぶといいでしょう。

マルチアレルゲン検査は、複数のアレルギーに対して有効なアレルギー検査です。

また、皮膚科では、動物アレルギーに対するパッチテストも受けることが出来ます。

動物アレルギーの対処法・わが家の体験談

わが家は、私も含め全員がアレルギーもちのなので、当然家でペットを飼うことはないのですが、諸事情によりうさぎを飼っている母と同居することになり、部屋は別ですが、室内でうさぎを飼うことになりました。

母もかなりひどい花粉症持ちなのですが、何故か犬猫、うさぎなど動物に対するアレルギーは全くといっていいほど無いのです。

うさぎとの同居が始まって間もなく、当然ながら子供の咳が始まりました。

私自身も鼻がムズムズしてきました。

同居したらこうなるとわかってはいましたが、症状が出て子供たちが苦しんでいるいじょう、母にはウサギを諦めてもらうしかありません。

何とか説得して、うさぎを手放すことを了承してもらいましたが、そのウサギをどうするかが大問題です。

知り合いの何人かに聞きましたが、うさぎを飼いたい人はおらず、うさぎの貰い手が見つかるまでは飼うことにしました。

裏山に・・・という選択肢もありましたが、全く危機感のない飼いウサギなので、たぶんその日のうちにタヌキやイタチに襲われてしまうでしょう。

近所の動物園に聞いてみましたが、受け入れられないとのこと。

担当の方に聞くと、そういう相談が多いとのことで、わが家と同じアレルギーで飼えないというのが主な原因なんだそうです。

アレルギーとペットはちょっとした社会問題なのかもしれません。

近年、明らかにアレルギー人口が増加しています。

環境汚染や食生活、生活習慣など、様々な変化が原因として挙げられていますが、自分がアレルギーだと知らずにペットを飼ってしまい、購入した後にアレルギーだと気付くケースも増加傾向にあるようです。

花粉症や食物アレルギーが無い人だと、自分がアレルギー体質だと気付かず、アレルギー検査をせずにペットを購入してしまうケースがありますが、動物たちをかわいそうな目に会わせないためにも、購入する前にアレルギー検査を受けることをおすすめします。

わが家のうさぎの場合、たまたま遊びに行った観光地でうさぎを飼っていて、そこのスタッフに聞いたら、うちのうさぎも引き受けてくれるとのこと。

ただし、一緒のケージに入れると、縄張り意識の強いうさぎは噛みついたりするので、傷だらけになってしまうから、飼い手を探してくれるとのことでした。

預かってもらって一週間後に電話で問い合わせしたら、別荘地なので別荘でウサギを飼いたいという老夫婦や知り合いの小動物好きな人など何件か引き合いが合って、小動物好きの方に決まったそうです。

わが家の場合、親切な方達にめぐまれて、うさぎの貰い手を見つけることができましたが、こういうケースはごくまれです。

花粉症やハウスダストなどアレルギー体質の方は、ペットを購入する前にアレルギー検査を受けましょう。

アレルギーの血液検査、パッチテストともに、100%確実なものではありませんが、自分がペットを飼える体質かどうかの参考になるかと思います。

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

「アレルギー検査の費用と種類」記事一覧

保険は適用されるの?
症状が出ているか出ていないかで保険が適用されるかされないかが決まります。・・・
アレルギー検査の費用・料金
血液検査で保険が適用された場合、と3割負担で6000円~7000円が相場のようです。・・・
血液検査
血液検査はアレルギーの強弱やアレルゲンを特定する重要な検査となります。乳児の血液検査の場合・・・
皮膚検査
プリックテスト・スクラッチテスト、即時型のアレルギー検査。皮膚を少し傷付け、アレルゲンを含んだ液をたらします。・・・
隠れアレルギー検査
今話題になっているのが、隠れアレルギーと呼ばれる、文字通り、周囲の人はもちろん本人すらも気が付かない・・・
動物アレルギー検査
テレビなどでもかわいい子ウサギがとり上げられ、ペットとして人気急上昇中のうさぎですが、犬・猫同様・・・
小麦アレルギー検査
食物アレルギー反応はその食物に含まれるたんぱく質によって引き起こされ・・・