アレルギー検査トップ > アレルギー検査の予備知識 > アレルギー検査結果にこだわらない

アレルギー検査結果にこだわらない

アレルギー検査の数値をみて、自身のアレルギー体質の強さにびっくりする人や思ったより数値が低かった人など、結果は様々かと思います。

アレルギー検査の結果を参考にすることは大切ですが、検査は体調が悪いときや色々な要素に反応して結果がでてきます。

検査の数値が悪くても、鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状がない人もいれば、数値となって表れてなくても、アレルギー症状の重い人もいるようです。

食物アレルギーの検査結果や月齢の低い乳児の場合、血液検査によるアレルギー検査の結果は完全なものではないので、食物日誌等の記録をもとに対症療法がなされる場合もあります。

また、検査結果で陽性が出ても、アレルギー症状が全く出ない場合もあります。

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

「アレルギー検査の予備知識」記事一覧

アレルギー症状を記録してみよう!
アレルギー検査を受ける前に、いつ・どんな症状が出たかを記録しておくと、問診や診察の際にとても便利です。・・・
アレルギーが起こるしくみ
アレルギーは体がもつ免疫機能が過剰に働くことによって起こります。アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が体内に入る・・・
アレルギー検査結果にこだわらない
アレルギー検査の数値をみて、自身のアレルギー体質の強さにびっくりする人や思ったより数値が低かった人など、結果は様々かと思います。・・・
何科を受診したらいいの?
アレルギー検査をするのは主に内科・小児科・皮膚科・アレルギー科。アレルギー科は、比較的最近出来たアレルギーを専門に扱う診療科・・・
食生活で治るアレルギーは多い
特定の食物を食べた後、明らかに症状が出たり、その症状が激しい場合は、アレルギーが疑われるので、アレルギー検査等で原因となる・・・