アレルギー検査トップ > アレルギー検査ニュース > 動物の毛皮の上で寝ていた子は喘息になりにくい

動物の毛皮の上で寝ていた子は喘息になりにくい

ミュンヘンで開催された呼吸器系の会議において、赤ちゃんの頃に毛皮の上で寝ていた子は、喘息やアレルギーの症状が軽くなることがわかりました。

今回の発表以前から、衛生仮説が言われおり、現代の清潔すぎる環境がアレルギーや喘息持ちの子供の増加につながっているとされてきました。

今回の研究はそれを裏付けるものであり、動物の毛皮に含まれる菌や微生物が、アレルギーや喘息の発症に関わっていることが証明されました。

赤ちゃんの頃に毛皮の上で寝た子は、6歳の時点で、毛皮に接触していない子よりも79%もアレルギーや喘息を発症する可能性が減ったとさています。

79%ってかなり大きな数字ですよね。

そういえば、うちのアレルギーっ子は、出産直後2週間も入院していたので、菌のない超衛生的な環境で大切な時期を過ごしてしまいました。

犬や猫のアレルギーを思いっきり発症してしまっている今となってはどうすることも出来ませんが、このような研究を生まれる前から知っていたら、もしかしたら今のアレルギーが無かったのかななんて考えてしまいます。

参考文献:European Lung Foundation

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

「アレルギー検査ニュース」記事一覧

動物の毛皮の上で寝ていた子は喘息になりにくい
ミュンヘンで開催された呼吸器系の会議にお・・・
虫垂はアレルギーに対して実は重要な働きをしていた
虫垂いわゆる盲腸がすでにない方には残念な・・・