アレルギー検査トップ > アレルギー検査体験談 > 市販のお菓子とアレルギー検査

市販のお菓子とアレルギー検査

うちの子は、卵や乳製品などのアレルギーがあり、卵は7歳現在、体調が良ければ一個まではほぼ大丈夫、乳製品は完全除去しています。

生まれてすぐは、小麦もダメ、米もダメ、大豆もダメだったので、ずいぶん楽になり、慣れもしましたが、それでも乳製品を全て除去しなければいけない食事は、他の人からしたら「大変ね~」といつも同情されてしまいます。

2種類のアレルギーだけでも大変なのかもしれませんが、実は、うちの子のアレルギーは、乳製品・卵アレルギーという単純なものだけじゃないのです。

乳製品も卵も入ってない市販のお菓子を食べても、加工食品を食べても、咳をしたり鼻がムズムズしたりするのです。

アレルゲンとなる物質は、何万、何十万とあります。

ハウスダスト、花粉、ペットの皮脂、ラテックスなど、わかりやすいものなら除去もしやすいのですが、あらゆるものに対してアレルギーを起こしやすいアレルギー体質を持っているので、体調によっては、いろんなものに反応してしまっているみたいです。

1年前までは、乳製品と卵が入っていないお菓子はオッケーということで、食べさせていましたが、今は食べさせないようにしています。

市販のグミやクッキーの原材料表示を見ると、見たこともない名前、わが家のキッチンには絶対に存在しない食品名がずらーっと揃っています。

例えば、某有名グミの原材料。

砂糖、水飴、ゼラチン、濃縮ぶどう果汁、コラーゲンペプチド、酸味料、増粘剤(ペクチン)、炭酸カルシウム、香料、着色料(アントシアニン、クチナシ)、ビタミンC、(原材料の一部に大豆を含む)

全てのお菓子ではありませんが、かなりの確率で反応が出るので、その「何だかわからない」食品添加物やら化学物質に反応してしまっているようです。

でも、どの物質がアレルゲンとなっているのか、特定は不可能なので、もう食べるのはやめようということになりました。

お菓子に含まれている物質のどれに反応しているかをアレルギー検査で特定することは、不可能です。

検査項目がある化学物質もありますが、その一つ一つを検査したら、一項目当たりに対して料金がかかるので、かなり高額な検査になるし、もし、特定できたとしても、それをいちいち紹介しながらお菓子を選ぶなんて、気が遠くなる作業になります。

なので、わが家では、添加物たっぷりのお菓子は食べないという結論になりました。

5歳の時、子供にお菓子はやめようといいましたが、無理でした。

6歳の時、お菓子を食べた後に、鼻をムズムズさせ目をかゆがってる息子と話し合い、お菓子を食べると辛い症状が出るからやめたほうがいいんじゃないと提案したところ、納得してくれました。

お菓子⇒つらいアレルギー症状の原因ということが頭で理解できる年齢になったようです。

それまでは、卵と乳製品はダメなんだよということを理解させるのが精いっぱいでしたが、成長に伴い、母親である私一人で考えていたアレルギー対策を、子供と一緒に対策出来るようになりました。

お菓子すべてがダメというわけではなく、原材料のはっきりとわかるもの、オーガニックの原材料を使ったお菓子や食品添加物や化学物質が一切入っていないお菓子なら、市販のものでも食べています。(しょっと割高ですが。)

学校給食の除去では、アレルギー検査の結果が求められますが、うちの子も含め、アレルギーっ子をもつ親御さんは、アレルギーってそんな単純な除去じゃダメなのにな~という意見や感想を持っている方が多いんじゃないかなと思います。

出来れば、昔ながらの手作りの味噌を使った、天然の出汁を使った味噌汁や余計な味付けをしていない塩鮭、さんまの塩焼き、ヒジキの煮物や切り干し大根など、シンプルな給食にしてくれたらいいのになと思っていますが、きっと子供たちは大ブーイングですよね。

親からもクレームがくるかもしれません。

アレルギー専門の病院に行くと、目の周りがうっすらと赤くなっている子供や鼻をムズムズしている子供を多くみかけます。

うちの子と同じように、アレルギー検査を定期的に受けて、診察に通っているとのことですが、乳製品なり卵なりのアレルゲンはちゃんと除去しているお母さんがほとんどです。

でも、アナフィラキシーのような強烈な症状ではないにしても、軽い症状が出てしまっている。

聞いてみると、1年前のわが家と同じように、乳製品や卵などのアレルゲンが入っていないお菓子は食べさせてるとのこと。

検査をしたわけではないので、確実ではないのですが、アレルギー体質と食品添加物・化学物質はあまり相性が良くないように思います。

原材料が複雑な市販のお菓子を一切やめたうちの子は、劇的に症状が改善しました。

子ども自身も、それは体で感じているようです。

おいしくてたまらない市販のお菓子をやめるって、かなり難しいことかもしれませんが、食物アレルギーっ子なら、やってみてもいいチャレンジかなと思います。

長くなりましたが、この記事が少しでも役に立てばうれしいです。

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

アレルギー検査体験談についての関連記事

赤ちゃんのアレルギー血液検査
赤ちゃんや小さい子供の血管はとても細く、採血するのがとても難しいため・・・
アレルギー検査の流れ
内科・小児科・アレルギー科等を受診し、まずはじめに問診を受けます。・・・
アレルギー検査の結果
重度の食物アレルギーをもつ3歳の子は、0歳のときから年に一度血液検査・・・
大人の食物アレルギー・花粉症血液検査
子供だけでなく、大人でも食物アレルギーを持つ方が増えている・・・
学校給食とアレルギー検査
学校給食を開始する際に必要なアレルギー検査について・・・
市販のお菓子ととアレルギー検査
うちの子は、卵や乳製品などのアレルギーがあり、卵は7歳現在・・・