アレルギー検査トップ > アレルギー検査体験談 > 学校給食とアレルギー検査

学校給食とアレルギー検査

学校給食でアレルゲンを除去してもらう際に必要になるのがアレルギー検査です。

学校給食は自治体によって違うので、アレルギーに対する対応も様々ですが、基本的にアレルギー検査で陽性が出ないと、アレルゲン除去はしてもらえません。

わが家の食物アレルギーっ子も、学校入学前には、校長先生・教頭先生・養護教諭・学校給食センター長・献立を作っている栄養士さんというそうそうたるメンバーで、アレルギー検査の結果をもとに、打ち合わせをしました。

大豆・小麦・米・乳製品・卵・・・その他いっぱいあったアレルギーも、小学校入学時点では、乳製品と生卵だけに減っていたので、乳製品と卵なら他にもたくさんいるし、対応してもらえるとのことでした。

ただ、主なアレルゲン以外は対応できないので、家で作っていかなければいけないケースもあるそうです。

今のは下の子のケースなのですが、上の子も隠れ食物アレルギーで、アレルギー血液検査をしても陽性にはならないのですが、乳製品を摂ると、ほっぺがかさかさになってくるのです。

上の子の乳製品除去もお願いしたことがあったのですが、答えはノーでした。

やはりアレルギー検査できちんと陽性が出ないと、給食センターとしては対応できないそうです。

うちの場合は、アレルギー検査で陽性が出なくても、明らかに乳製品がダメなのですが、中には「牛乳が嫌い」とか「牛乳は体に良くないから」など、いろんな理由で牛乳の除去を依頼してくる人がいるので、きちんと規準を基に対応しないと、個別の要望をいちいち聞いてたら大変とのことでした。

ただ、例外として、乳製品を摂った後、ほっぺが赤くなったり、口のまわりが腫れたりするなど、症状が出た後主治医の先生に診てもらい、診断書を書いてもらえれば、除去も可能になるそうです。

なので、上の子は除去してもらっていないのですが、牛乳を飲むのだけは自主的にやめて、その代りお茶や水などを持参して飲んでいます。

給食費は、牛乳分だけ引いてもらっています。

下の子は、アレルギー検査で陽性だったので、牛乳の代わりに給食センターから麦茶をもらっていますが、上の子はアレルギー検査が陰性だったので、自宅でお茶を用意しなくてはいけません。

制度なので、仕方ないのですが、なんとかいい方法はないか考え中です。

アレルギー関連商品が豊富なiherbがセール中です!

公式サイト⇒ iherb日本語サイト

見逃したくないセールがiHerbで開催されているので、取り急ぎ紹介したいと思います。

初回割引5ドルクーポン掲載中!ロイヤルティクレジット10%OFF+送料無料セールも継続中。
以下のリンクから、カート画面でクーポンコード「KUM437」を入力してください。
アイハーブ日本語サイト
期間限定のまたとないチャンス!その他にもお得な情報満載です。

複数購入割引5%OFFやウィークリーセール20%OFFも引き続き行われているので、色んな割引を同時適用させると30~40%以上お得にお買い物が出来ます。

アイハーブセール情報

アレルギー検査体験談についての関連記事

赤ちゃんのアレルギー血液検査
赤ちゃんや小さい子供の血管はとても細く、採血するのがとても難しいため・・・
アレルギー検査の流れ
内科・小児科・アレルギー科等を受診し、まずはじめに問診を受けます。・・・
アレルギー検査の結果
重度の食物アレルギーをもつ3歳の子は、0歳のときから年に一度血液検査・・・
大人の食物アレルギー・花粉症血液検査
子供だけでなく、大人でも食物アレルギーを持つ方が増えている・・・
学校給食とアレルギー検査
学校給食を開始する際に必要なアレルギー検査について・・・
市販のお菓子ととアレルギー検査
うちの子は、卵や乳製品などのアレルギーがあり、卵は7歳現在・・・